今まで部品部屋に有った物を整理して保管する為に今まで使用して来たスチール棚を
半分に切断して設置した。天井のイエローベニヤはつるつるしていて作業がし易い。

電気部品(多種多様)、配管部品(塩ビ系)重量が軽い物はほとんど収まった。

排気ファンの設置の様子、既存の風量調節弁を取外し、バタフライバルブで
代用して開度を調節して管路の閉鎖も出来る様にした。
左に有る箱の中のリミットスイッチを上のバルブに付けた金具に取り付け
バルブが完全に閉じられた時に信号が送られる。
エアーポンプを真空ポンプにする為の細工の様子。
室内からも制御出来る様にスイッチを
設置した。
コンプレッサー、真空ポンプ、排気ファンの制御盤。 排気ファンはバルブが全閉の時は稼働しない。
上の制御盤からの信号を受けマグネットスイッチの
入り切りを担当するリレー。
真空圧は
- 0.02MPa
高圧エアーは
0.6MPa

に設定。

中程の調光器は塩ビ溶接器のヒーター温度調節用、隣はヒータ電流計、下のファンは調光器の温度上昇を防止
する為、一番上にはその空気を排出する物。 室温が低い時は自然循環で十分。
 26℃設定。

温度調節器を設置して
気温上昇時に自動で冷却
ファンが稼働。

最終的配電盤の様子。 200Vコイル使用のマグネットスイッチを使用した為昇圧トランスを設置。
トランスの温度上昇を抑える為冷却ファン設置。    各信号線は24芯5回路。
大工の腕の見せ所、ドア周りのおさまり、パンチカーペットとのおさまり。 虫除け網とのおさまり。
自分の居場所も確保出来、新たな作業も可能になった。

自分でリフォームするには家族の手伝いが必須だが外部の手助けを必要としないで完成させるのは限られた人しか
出来ない。 
他人を入れての作業は大変でしょうが打ち合わせをしっかりと行えば問題は回避出来ます。
何をどうしたいか計画を必ず立てて下さい。

私の場合はかなり行き当たりばったりっと言う感じでした。私の居場所も最初は反対側の西に設置予定でした。
家族との雑談の中で今のようなレイアウトになりました。 
そんな様に変更が直ぐに出来るのも個人リフォームです。 リフォームをしたくなった方頑張って下さい。
もう少しページ容量が有りますので何かまた載せたい事が出ましたら載せます。

そして、ようやく私の住環境体験談本題に移ります。